下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

谷中根津千駄木 お正月①

タイトルの通り、今年の1月2日に訪れました。
なんとなく、目的もなしにぶらぶらする場所、私のブログ発祥の地、です。
谷根千20170102 (1)
谷中銀座から入る場合が多いですね「だんだん坂」
谷根千20170102 (3)
「やねせん亭」最近は街が主催の落語会、よく行われるようです
谷根千20170102 (2)
お正月の谷中銀座はどんな感じでしょうか
谷根千20170102 (5)
谷根千20170102 (7)
はい、右側のお店がほとんどお休みでしたね
谷根千20170102 (8)
お客さんは沢山来てます
谷根千20170102 (10)
また落語の写真
谷根千20170102 (6)
お店の方の話では、写真の「古今亭 志ん生」さん
この商店街のすぐ裏にお住まいだったとか

あっという間に千駄木の「よみせ通り商栄会」
谷根千20170102 (12)
戦前、戦後初期にかけて、ここに「夜店」露店がたくさん出てたんですね

その名残の飲み屋街「すずらん通り商店街」
谷根千20170102 (13)
群馬に「弘子」という名の友人がいたなあ

路地が似合う千駄木
谷根千20170102 (16)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する