下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

寄居 晴れ時々曇りのち雨③

東京近郊の有名な景勝地だったのかもしれない
170124-132830-寄居20170124 (82)_R
何処が魅力かというと
170124-132536-寄居20170124 (78)_R
この荒川流域で関東一の水祭りがおこなわれる事、らしい
170124-132516-寄居20170124 (72)_R
実はよくわかっていないのだけれど
170124-132529-寄居20170124 (73)_R
これだけ立派な現役の宿があるわけだし
170124-133051-寄居20170124 (89)_R
170124-133234-寄居20170124 (101)_R
170124-132921-寄居20170124 (85)_R

この街の勃興の時期の証は、この建物の存在、
路地に埋没して消えかかっていた
170124-134955-寄居20170124 (111)_R
「旧野原病院」
170124-135030-寄居20170124 (113)_R
戦前、昭和初期建築に間違いない
170124-135039-寄居20170124 (115)_R

ほら、景勝地・観光地らしい姿をまた発見
170124-135528-寄居20170124 (149)_R
関連記事
こんばんは。
ノブリンさんのところから来ました。
どれも懐かしい写真ですね。
街並みの後ろ姿にはグッときました。
こんな風には眺めたことはありません。
時々寄らせていただきます。
[ 2017/03/09 21:25 ] [ 編集 ]
Re: ほしがき様
いらっしゃませ、コメント下さりありがとうございます。
そうですか、ノブリンさんからのご縁ですか、
素晴らしい街歩きブログで、わたしも今も定期的にお邪魔しています。
そうですね、私も後ろ姿というものに気が付いたのも最近でして
そこに真実の歴史が見えたりと感じたりするようになりました。
私もブログにお邪魔させていただきました。
横須賀、素晴らしい所にお住まいですね。
田浦・安浦の色街跡に出逢った時の感激は忘れられません。
それに、猿島、三笠、市街地の飲み屋街、
料亭「小松」さん、残念ながら全焼されましたね。
また空気を吸いにお邪魔したいと思っている街です。
是非私のブログにまたいらしてください。
私もお邪魔させていただきます。
kozoh55
[ 2017/03/10 12:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する