下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

春日部 日光街道粕壁宿②

春日部市、人口23万人の大きな都市はもともと「春日部」という地名であったが、
江戸時代は、「粕壁宿」として表記され、昭和になって「春日部」となったという
そのため、春日部市粕壁という地名が現存する。

古い商店街地図
170110-134948-春日部20170110 (63)_R
半分くらいが、住宅になっていた

レトロな商店街として映画看板を掛けている
170110-134333-春日部20170110 (58)_R
170110-135138-春日部20170110 (68)_R
印刷屋「興文舘」さん、店名がすでにレトロ
170110-135238-春日部20170110 (72)_R
使えるのかな、この消火ホース
170110-134901-春日部20170110 (61)_R
残ってますね~自然な感じで
170110-135321-春日部20170110 (77)_R
東口の駅は至って普通、東武鉄道は奇をてらわないんですね
170110-135342-春日部20170110 (79)_R

「日光道中粕壁宿」
170110-135753-春日部20170110 (82)_R
もはや誰も気づかないかも、そう、この道が「日光街道」
170110-140853-春日部20170110 (91)_R
春日部はどこか芸術肌な街
170110-135552-春日部20170110 (80)_R
お店の写真を撮り忘れたけど、街道沿いにあった和菓子屋さんの
170110-140542-春日部20170110 (84)_R
この最中、餡子が半端じゃなかったわ~
170110-140706-春日部20170110 (90)_R
姿が美しくて上品な餡が、あるのですね~
「たわら最中 春日部店」

餡ばかり食べているkozoh55




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する