下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

5周年記念 下町を探し、探して

下町風来坊という、下町ブログなのに、5周年記事を書こうとしたら
いつまでも先に進めないのはなぜ???
思うに、下町は建物でも食べ物でも、そこにいる人でもなく、『風景』だからなんだと思う

風景を描けるのかしら、私に。
そもそも、東京の下町って、何処にあるのでしょうか?

『京島』
120716-131407-京島・向島 (7)_R
こんなお店があることが
120716-131645-京島・向島 (9)_R
下町らしさなのかしら
120716-132920-京島・向島 (20)_R
美味しかった『シベリア』
けれども、今京島にこのお店は無い

落語の熊さんハっつあんが登場してきそうな建物
150815-130910-京島・鳩の街・向島 (138)_R
120716-144847-京島・向島 (81)_R
滅びの美学、この建物も今はもう見ることが出来ない
120716-145053-京島・向島 (83)_R
『亀有』
120304-133330-亀有 (4)_R
亀有駅派出所って、本当にあるんですねえ。
120304-171352-亀有 (45)_R
この街で出逢ったシーン
120304-150716-亀有 (120)_R
まるで闇市跡のような雑居商店街
120304-150410-亀有 (116)_R
これは下町らしいかな

『おかず横丁』
120929-142405-おかず横丁 (12)_R
おかずばっかり売っているのかなと、ぶらりしてみたら
120929-145247-おかず横丁 (54)_R
本当におかずばかり売っていたよ

120929-145151-おかず横丁 (51)_R

『三軒茶屋』
若者が憧れるこの街が、下町なわけないでしょう。
130331-163524-池尻 三軒茶屋 (301)_R
でも
130331-163644-池尻 三軒茶屋 (302)_R
かなりしみじみやってますね
150811-160623-渋谷・三軒茶屋 (402)_R
ここも下町『合格』かもしれない
120115-133435-三軒茶屋 (32)_R
ああ、ここももう現存してないわ~
120115-133710-三軒茶屋 (33)_R
『日の出商店街』
160115-135957-蒲生・越谷201601 (153)_R
埼玉県蒲生市の住宅街に突然現れた商店街は
160115-140009-蒲生・越谷201601 (154)_R
レトロだということは言えてました
160115-135809-蒲生・越谷201601 (151)_R

三軒茶屋から駒沢に行く途中に発見した看板建築群
130406-131445-三軒茶屋駒沢 (15)_R
上馬はどこか時間が止まった風で
130406-131523-三軒茶屋駒沢 (21)_R
好きなんです

ミゼットが街を走っているかもしれませんよ
130406-131816-三軒茶屋駒沢 (32)_R

『三ノ輪』こそが下町だと言う人もいるだろう
141011-170721-谷中根岸三ノ輪 (372)_R
141011-170713-谷中根岸三ノ輪 (371)_R
141011-173228-谷中根岸三ノ輪 (393)_R
141011-174650-谷中根岸三ノ輪 (1)_R
それは、幸運にも戦争で焼けなかったからかもしれない
141011-165444-谷中根岸三ノ輪 (325)_R
141011-165453-谷中根岸三ノ輪 (327)_R

『下町とは』答えになってませんね。(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する