下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

川越 本丸御殿

やはりこちらの方が川越らしいかな
160927-162733-川越街道 ふじみ野201609 (382)_R
川越城本丸御殿
160927-162735-川越街道 ふじみ野201609 (383)_R
どうも、最初に築城したのは太田道灌だった模様
160927-162459-川越街道 ふじみ野201609 (379)_R
川越城は明治になり、次第に解体され、
160927-161700-川越街道 ふじみ野201609 (343)_R
残ったの大広間
160927-162451-川越街道 ふじみ野201609 (378)_R
通路
160927-161923-川越街道 ふじみ野201609 (349)_R
ここからは、老中詰所
160927-162137-川越街道 ふじみ野201609 (367)_R
何か決めておりますな
160927-162126-川越街道 ふじみ野201609 (365)_R
雪隠(せっちん)
160927-162226-川越街道 ふじみ野201609 (371)_R
武士たちは
160927-162240-川越街道 ふじみ野201609 (374)_R
どんな気持ちで
160927-162057-川越街道 ふじみ野201609 (360)_R
こうして外を眺めていたんでしょうね
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する