下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

川越 太陽軒 すっと佇む

蔵が連なる街並みで有名な川越
この街はそれだけではなく

市内の路地を歩いていると
160927-154611-川越街道 ふじみ野201609 (294)_R
こんな美しい姿の建物に出逢えた
160927-154555-川越街道 ふじみ野201609 (290)_R
「モダン亭 太陽軒」昭和4年建築
160927-154600-川越街道 ふじみ野201609 (292)_R
美しいステンドグラスの窓は、建築当時のもの
160927-154625-川越街道 ふじみ野201609 (297)_R
建物の曲面が特徴、優しい姿
160927-154631-川越街道 ふじみ野201609 (298)_R
160927-154646-川越街道 ふじみ野201609 (301)_R
160927-154753-川越街道 ふじみ野201609 (307)_R
160927-154802-川越街道 ふじみ野201609 (309)_R
街歩きで、偶然出逢えた幸せ
160927-154813-川越街道 ふじみ野201609 (312)_R

建物内部も見てみたかったけど、ちょうどお昼休憩の時間
次の楽しみに取っておくことにしました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する