下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

鐘ヶ淵・玉ノ井 こんな街です②

私にこの街のありのままの姿を伝えることが出来るだろうか。

工場(こうば)があります
161125-152239-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (112)_R
アパートがあります
161125-152303-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (115)_R
曇りガラスの向こうに見え隠れするお宝
161125-152330-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (117)_R

今日降り立った鐘ヶ淵駅
161125-152946-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (122)_R
お豆腐屋さん
161125-153724-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (134)_R
そう、ここでお豆腐を手渡しして売っていたのですね。
161125-153731-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (136)_R
ごくありふれた戦後の建物
161125-154036-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (144)_R
銅板への彫刻、惚れましたよ
161125-154104-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (148)_R
酒屋さんの建物
161125-155408-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (151)_R
こんな姿にこそ、
161125-155420-鐘ヶ淵・玉ノ井20161125 (152)_R
美しさが見え隠れしている様


ああ、そろそろ玉ノ井に向かわなくっちゃ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する