下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

北鎌倉 古都の静けさ⑤

道草しながらも建長寺にたどり着く。
総門をくぐると見えてきたもの
170102-155504-北鎌倉20170102 (462)_R

それは、巨大な三門。
170102-155731-北鎌倉20170102 (465)_R
江戸時代に再建されたその姿には、
「威風堂々」という言葉が似合います。
170102-155751-北鎌倉20170102 (468)_R
創建時のお寺の名「建長興国禅寺」

鎌倉時代の建長5年に鎌倉幕府5代目執権、北条時頼により創建された。
鎌倉五山の1番目、
170102-160620-北鎌倉20170102 (500)_R
この扉を見て、すぐ気が付く、これは江戸時代まであるな、と
170102-160202-北鎌倉20170102 (486)_R
それもそのはず、江戸時代初期に、なんと、あのお江の方の霊屋を移設したものだという。
日本初の「禅寺」でもあります

やさしい仏像
170102-160432-北鎌倉20170102 (494)_R
そして対になるように建つ、法堂は関東最大の木造建築物。

その天井には龍が描かれてました。
170102-161129-北鎌倉20170102 (520)_R
170102-161231-北鎌倉20170102 (528)_R
日本を代表する日本画家「小泉淳作」の雲龍図にここで出逢えるとは
なんと幸せな事なのだろう

方丈の庭園
170102-162039-北鎌倉20170102 (548)_R
170102-162126-北鎌倉20170102 (551)_R
これは円覚寺と張り合ってます

「唐門」こちらもお江の方様、崇源院霊屋より移築されたもの
170102-161354-北鎌倉20170102 (531)_R
170102-161449-北鎌倉20170102 (534)_R
絢爛豪華な風情は、まさに徳川家の遺構ともいえます。

もう、日暮れが近づいたころ、「半僧坊」に向かう
日の沈みゆく坂を、無言で登る
170102-163445-北鎌倉20170102 (577)_R
170102-163905-北鎌倉20170102 (589)_R
やっと到着
170102-164138-北鎌倉20170102 (605)_R

天狗の棲む処、それが「半僧坊」
170102-163916-北鎌倉20170102 (592)_R
170102-164303-北鎌倉20170102 (608)_R

そして、富士山が美しく望める処でもありました。
170102-164042-北鎌倉20170102 (599)_R

ありがたい、ありがたい



関連記事
綺麗に富士山が見えて良かったですね。
半僧坊までの坂がきつくて、この頃とんと登らない私です(笑)
[ 2017/01/08 20:41 ] [ 編集 ]
Re: carrotさんへ
こんばんは、コメント下さりありがとうございます。
いや~確かに半蔵門、いえ、半僧坊の階段、苦しかったですよ。みな平然と上がっていくのを見て、抜け道でもあるのかなあと思ったりしました。でも、ハイキングコースでもあるので半僧坊のもっと上から子供たちのはしゃいだ声を聞いて、改めて、自分のおやじぶりを思い知りました。綺麗な富士山に慰めてもらいましたね。
いつもありがとうございます、carrotさん、鎌倉詣では続編がある予定ですので、また険しい所にチャレンジしますね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/01/09 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する