下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

北鎌倉 古都の静けさ③

国宝その1「舎利殿」
170102-133438-北鎌倉20170102 (279)_R
創建時の建物は何度も火災で姿を失い、この建物は室町時代中期に
170102-133443-北鎌倉20170102 (282)_R
他のお寺から移築されたものだという
170102-133458-北鎌倉20170102 (284)_R
扉周りの木の細工が細かく、そして美しい

二つ目の国宝を見るには少し体力がいる
170102-134317-北鎌倉20170102 (304)_R
昇った甲斐はありましたよ
170102-134414-北鎌倉20170102 (310)_R

梵鐘「洪鐘」(おおがね)
170102-134705-北鎌倉20170102 (312)_R
これはリアル
170102-134754-北鎌倉20170102 (318)_R
当時のものがそのままそこにあった
170102-134757-北鎌倉20170102 (320)_R

円覚寺、なかなかなお寺です

お腹が空きました、北鎌倉に来てまで、
蕎麦でなく、ラーメンを食べようっと、無理かな

北鎌倉駅そばの「大陸」さん
170102-144217-北鎌倉20170102 (389)_R
「鳥そば」いや~ささみが柔らかくてあっさり味
170102-142456-北鎌倉20170102 (367)_R
たけのこも柔らかい
170102-142504-北鎌倉20170102 (370)_R
パリッと仕上がったチャーハン
170102-143248-北鎌倉20170102 (378)_R
そう、この店は美味しいんだわ
170102-143254-北鎌倉20170102 (381)_R

お寺に負けない美味しいお店、鎌倉は奥が深い
170102-144221-北鎌倉20170102 (393)_R

さあ、建長寺に向かおうか
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する