下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

北鎌倉 古都の静けさ①

2017年1月2日、kozoh55はJR横須賀線、北鎌倉駅を下車
170102-121344-北鎌倉20170102 (102)_R
170102-121353-北鎌倉20170102 (103)_R
鎌倉駅周辺は初詣客でごった返ししている筈、

ならば、北鎌倉はどうだろう
170102-140850-北鎌倉20170102 (365)_R

臨済宗 円覚寺派大本山「円覚寺」
170102-124654-北鎌倉20170102 (127)_R
弘安4年(1282年)時の執権北条時宗が招いた、宋の「無学祖元禅師」により開基された禅寺。
170102-124826-北鎌倉20170102 (128)_R
山門が大きく、
170102-125049-北鎌倉20170102 (132)_R
そして古い
170102-125117-北鎌倉20170102 (136)_R

比較的新しい仏殿
170102-125408-北鎌倉20170102 (146)_R
関東田震災で倒壊し、昭和39年に再建されたもの
170102-125506-北鎌倉20170102 (147)_R
方丈
170102-130825-北鎌倉20170102 (176)_R
庭園と建物の調和に思わず立ち止まって魅入ってしまう
170102-130834-北鎌倉20170102 (179)_R

鎌倉のお寺は開基700年というものが珍しくない
170102-130531-北鎌倉20170102 (169)_R
この柏槇(ビャクシン)も樹齢にして700年。
関連記事
お正月に北鎌倉、良いですね・
混んでると思って避けていますが、
やっぱり良いです。
北鎌倉狙いが成功しましたね。
続きが楽しみです。

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします・
[ 2017/01/03 21:19 ] [ 編集 ]
新年
明けましておめでとうございます。
年明け早々大好物の鎌倉ではないですかー。
あのボタン屋さんのご主人の笑顔はきっと、kozohさんの笑顔でもあるのだろうな。
にこにこにほっこり。
嫌と言われても(言った?笑)懐かしい空間へお邪魔させていただきます。

本年もよろしくお願いいたします。
[ 2017/01/03 22:16 ] [ 編集 ]
Re: carrotさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
北鎌倉、しびれました~
700年の長きにわたってこうして凛とした姿で存在し続けることは、
並大抵のことではなくて、
幾度かの存続の危機も経ながら今日を迎えている古都、
そして円覚寺、建長寺、
記事を書いていて、訪問時の興奮した気持ちが蘇ってきました。
ほんと、素晴らしいところにお住まいをお持ちですね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2017/01/03 23:51 ] [ 編集 ]
Re: 新年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
北鎌倉、たった半日でしたけど、時間が過ぎるのを忘れてしまうような一時でした。
また近々で再訪します、楽しみです。
ボタン店のご主人、昨年一番の笑顔でした。旅人でしかない私に丁寧にお店やこの町の歴史を教えて下さりました。
出逢えた幸せですね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2017/01/05 12:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する