下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

草加 おせん泣かすな餅を焼け①

そうだったんですか~、駅前、案外、都会だし
161030-144842-草加20161030 (1)_R
バスも可愛い。「バリボリ君」知らないな~
161030-145831-草加20161030 (4)_R
草加で一番有名なのは、この方
161030-150148-草加20161030 (13)_R
わかりますか?
161030-150121-草加20161030 (8)_R
そうです、煎餅を焼いているのは「おせん」さん
161030-150131-草加20161030 (10)_R

「草加宿」宿場町だったこの街で、商売上手のおせんさんが初めて焼いたから
161030-173004-草加20161030 (310)_R
「おせんべい」と呼ばれるようになった、そんな説があるのですね、
161030-155318-草加20161030 (139)_R
これは、本当臭いぞ、たぶん。
161030-155453-草加20161030 (143)_R
だって、どの煎餅も
161030-163943-草加20161030 (248)_R
美味しかったのよ~

あれ、バリボリ君、どこ行った?
え、違う?パリポリ君が正しいって?
同じでしょう、たぶん。
関連記事
おせん?
kozoh55さん
こんばんは。

「せんべい」って「おせん」さんの由来だったのですね。
Wikipediaで確認したらおせんさんって老婆らしいですねv-12

「一筆啓上 おせん泣かすな 馬肥やせ」のおせんは男の子だったんですよ。

ということで、
良いお年をお迎えください。
[ 2016/12/30 23:49 ] [ 編集 ]
Re: おせん?
おばんです、おるごどんさん、コメント下さりありがとうございます。
また、今年一年美しい花と実を紹介して下さり感謝申し上げます。
そうですか~おせんさんはおばあさんだったのですね。
え、おせん泣かすな馬肥やせのおせんは、男の子だったんだ~
有り難い情報です。
そして、おるごどんさんといえばDIY。
昭和初期のレジスター、これからも復活し続けてくださいね。
良い年をお迎えください、そして、
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2016/12/31 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する