下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

鎌倉 プレミアム街歩き④

こんな可愛い暖簾のお店って、どこですか?
161129-143635-鎌倉20161129 (149)_R
はい、「納言しるこ店」です
161129-141229-鎌倉20161129 (125)_R
ちゃんと探さないと見つからないこのお店に
人が沢山並びます

「田舎しるこ」と「ところてん」
161129-142358-鎌倉20161129 (128)_R
あずきを、
161129-142412-鎌倉20161129 (130)_R
あずきを食べるおしるこは
161129-142455-鎌倉20161129 (134)_R

鎌倉に来ると、外せないのであります
関連記事
お汁粉につられて・・・
こんにちは(^-^

ご無沙汰しておりました。
その節は、ありがとうございました。m(__)m

この時期になって、やっと少し余裕が・・・って、
師走に余裕なんて店大丈夫なんでしょうかネ?(^-^)ゞ

ホント可愛い暖簾ですね。お店の人も可愛い人???
どんな方か気になってしまいますね。

納言というお店のお名前はあずきの大納言から???たぶん
こだわってられるのですね。
お椀の中のふっくら感が違います…カメラマンさんの腕でしょうか?v-218
糖質声援の身でありながら、、、惹き込まれてしまいました。w

関東にも懐かしい匂いのするお店がたくさん残っているんですね。
画像の隅々しっかり見れば、ガラスのお醤油?蜜?差しが
昔実家に有ったものと同じだったり、祖母のいた時代を想い出しました。

色々子供の頃何気に見ていたものですが、、、
良さが分からず無くした今、あ~もったいないことしたなぁ!と思っております。

今年も残り少なくなりましたね。お身体ご自愛のほど…
お元気に新年をお迎えください。m(__)m
[ 2016/12/17 15:10 ] [ 編集 ]
Re: お汁粉につられて・・・
おばんです、ぱんぷきん母さん、コメント下さりありがとうございます。
私こそ美味しいフルーツをありがとうございます。
フルーツもそうですが、とにかく美味しいものが大好きなkozoh55です。
この可愛い暖簾をくぐると、大好きな美味しいものに出逢えたわけですね。
小豆の大納言を使った田舎しるこは、神々しいものでした。
まあ、こんなにもあずきがいっぱい詰まったおしるこって
なかなかないですよね~あずき三昧。
すみません、糖質制限の方には目の毒過ぎましたね。
関東は関東大震災と戦災を通して、ほとんどの建物が焼けたり崩れたりしてしまったのです。
ですので、関東田震災後の昭和初期の建物が多く残されているわけです。
この岩本町、神田須田町、谷中、三ノ輪、、、、
そうですね、私達の両親・祖母の時代のものが、
残されれいます、いろんな形で、懐かしいものです。
そうですね、もう10日ほどで今年はおわります。
新しい出逢いに感謝でございます、お体ご自愛くださいませ。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
kozoh55
[ 2016/12/18 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する