下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

下町 どっぷり節 押上・京島界隈①

錦糸町で「真鯛ラーメン」を食べた後
161115-122929-押上・京島20161115 (17)_R
町並をしみじみ眺めながら、北へ
押上方向に向かう

ああ、この和菓子屋さん、
161115-123439-押上・京島20161115 (26)_R
以前来たなあ
161115-123511-押上・京島20161115 (29)_R
いつの時代の電柱広告が残されているの?
161115-123607-押上・京島20161115 (32)_R
足袋屋さん「種田」、老舗なんだろう
161115-145038-押上・京島20161115 (117)_R
人が営む姿がそこに
161115-144802-押上・京島20161115 (113)_R
営まれていた町並の「跡」がちらほら
161115-153745-押上・京島20161115 (151)_R
けれど、矢印の先に「キネブチ」さんはありませんでした
161115-153559-押上・京島20161115 (149)_R
ここは、押上だったろうか、ああ、住居表示が映ってる

気が付くと、もう京島の地へ
161115-154201-押上・京島20161115 (157)_R
東京の「京」と向島の「島」を取って出来た地名「京島」

新しいマンションが多いのは、一つには防災のため
161115-154446-押上・京島20161115 (160)_R
けれど、その周りの風景は、どっぷり下町
161115-154646-押上・京島20161115 (161)_R
161115-155729-押上・京島20161115 (175)_R
161115-155752-押上・京島20161115 (176)_R

それだけ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する