下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 新横浜ラーメン博物館③

ただのラーメンストリートではない、この博物館
161108-121240-横浜ラーメン博物館20161110 (33)_R
この自販機の時代がやく20年あったのではないか
161108-122111-横浜ラーメン博物館20161110 (45)_R
生きているかのような、路地
161108-122908-横浜ラーメン博物館20161110 (112)_R
いや
161108-122916-横浜ラーメン博物館20161110 (114)_R
生きているのだ
161108-123023-横浜ラーメン博物館20161110 (121)_R
161108-123026-横浜ラーメン博物館20161110 (123)_R
「大人の学校」とは何者か?
161108-123248-横浜ラーメン博物館20161110 (140)_R
闇市跡の飲み屋街、三軒茶屋にはこんな風な路地が現役で
161108-123300-横浜ラーメン博物館20161110 (143)_R

生きていたなあ



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する