下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

梅島・梅田 下町の扉②

下町では、商店街は突然現れて、
161022-164143-梅嶋201610 (190)_R
そして、予告なしに消えていく
161022-164236-梅嶋201610 (192)_R
ここも
161022-164259-梅嶋201610 (195)_R
そうなのだろうか
161022-164306-梅嶋201610 (196)_R

「神明宮通り」は商店街か、その残照か、

161022-164412-梅嶋201610 (200)_R
しんとしたお店が続くと思うと
161022-164445-梅嶋201610 (203)_R
大きな音で「愛の水中花」が流されている居酒屋
161022-164428-梅嶋201610 (202)_R
この店は今日はお休みなのかな
161022-164537-梅嶋201610 (210)_R
この看板を見て、ここがもう駅周辺の「梅島」ではなく
161022-164617-梅嶋201610 (211)_R
「梅田」とい地名であることに気が付く
161022-164847-梅嶋201610 (222)_R
まるで買うのが当たり前、そう思い、買って
161022-165918-梅嶋201610 (250)_R
平らげた

その先で出逢えるのは、もちろん
161022-165232-梅嶋201610 (228)_R
「梅田神明宮」
161022-165607-梅嶋201610 (239)_R
161022-165809-梅嶋201610 (246)_R

宝暦12年の江戸大火の後に創られたと言われる。
江戸時代、「息の行法」として神道の極意を伝えた神社として
大いに栄え、この商店街は門前町だったのだろう

そして商店街は、いつも間にか終わっていた
今日は下町の扉が開いている、幸運な日だ
関連記事
[ 2016/10/31 23:45 ] ◎下町情緒を訪ねて | TB(0) | CM(2)
こんばんは。
こちらに伺うと、日本の素晴らしさを実感できますね。
おせんべいやさんや、やきとり、おでんやさん。
どのお店も美味しそうですね。
そして居酒屋さんも看板もいい!
チョコのパン。。。食べた~い。

良かったら、私のつたないブログにも遊びにいらして下さいね。
[ 2016/11/02 16:34 ] [ 編集 ]
Re: 紗英さんへ
こんにちは、コメント下さりありがとうございます。
そうなんです。こういう街に遭遇すると、お惣菜大人買いモードに入り、止まらなくなります。あのチョコパンなどは、『私を買って食べて下さい!』と話しかけてきたのですから。お煎餅、先日草加の美味しいのをいただきました。焼き鳥は皮が好きで、おでん、西小山、尾久の商店街、赤羽シルクロード商店街の味が忘れられません。おっしゃる通り、日本人に生まれて良かったです。
早速紗英さんのホームページにお邪魔しました。沢山旅を楽しんでいるのですね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/11/03 12:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する