下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

弘明寺 きらきらとした商店街②

立派なアーケードを持った
161008-173452-杉田・弘明寺 (290)_R
ごく普通の商店街にも見える
161008-173605-杉田・弘明寺 (293)_R
けど、
161008-173128-杉田・弘明寺 (271)_R
渋い
161008-173201-杉田・弘明寺 (275)_R
息の長い、戦前まであるかもしれない中華料理屋さん
161008-173303-杉田・弘明寺 (280)_R
161008-173323-杉田・弘明寺 (282)_R
161008-174458-杉田・弘明寺 (324)_R
濱田屋さんは、関東大震災前からの老舗呉服店
161008-180255-杉田・弘明寺 (357)_R
床が違うのだ
161008-175922-杉田・弘明寺 (331)_R
箪笥も当時のまま
161008-180000-杉田・弘明寺 (339)_R
161008-175857-杉田・弘明寺 (329)_R
水道も現役という凄み
161008-175940-杉田・弘明寺 (335)_R

店内が「さるぼぼ」のお祭りになってましたよ
161008-180047-杉田・弘明寺 (344)_R
161008-180055-杉田・弘明寺 (345)_R
持って帰りたかったけど
161008-180028-杉田・弘明寺 (340)_R
縁起物は、街にとって大切極まるものなので
161008-180538-杉田・弘明寺 (361)_R
大事に大事にされていましたよ
関連記事
結構安いものや美味しいものがあって、
ついつい、ついつい買ってしまう商店街です。

そうですよ、商店街のはずれの橋のかかってる川です。
そこから黄金町方向の川沿いに延々と桜が咲きます。
大岡川の桜です。
そのころに又ぜひ!!!
[ 2016/10/15 09:42 ] [ 編集 ]
Re: carrotさんへ
おばんです、コメント下さりありがとうございます。
そうなんですか~建物を見たくらいで、ここではあまり食べたりできなくて
残念だったのですよ~
和菓子屋さんに入りたかった、食べたかったです。
ああ、そうでしたか、あの黄金町に繋がっていくのですね。
私の中でもなんとなくつながりましたよ。
桜の名所、肝に銘じます。
横須賀の衣笠の方にも花の名所がありましたよね。
西の魅力、いっぱいですね~
またぜひ遊びにいらしてください、carrotさん。
[ 2016/10/15 23:10 ] [ 編集 ]
こんにちは。

古き良き日本がぎゅっとつまっている町ですね。
とても親しみ深い感じです。
食堂もとても美味しそうですし・・・。
さるぼぼ。。可愛いですね。
そして、水道管がこんなところにあるんですね。
凍る心配はないのでしょうか~。
[ 2016/10/16 16:17 ] [ 編集 ]
Re: 紗英さんへ
おはようございます、コメント下さりありがとうございます。
横浜は戦争で大きな被害を受けているのですが、この商店街は焼かれなかったそうです。商店街として今の形が出来たのは、戦後だと、濱田屋のご主人が教えてくれました。戦前からの濱田屋さん、戦後からの沢山のお店がミックスされ、こういった多様な姿の商店街が出来てきたのですね。あの水栓、現役なのだそうです。凍結?そうですね、冬になると配管の水を抜くなどして工夫したのでしょうね。いや~弘明寺様の街、気持ち良かったです。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/10/17 06:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する