下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

杉田 住みたいね、この街④

この街の商店街は、どこもこんな風
161008-160755-杉田・弘明寺 (102)_R
看板建築の2階部分を見ていたら、はっと気が付く
161008-161048-杉田・弘明寺 (111)_R
ああ、ここは牛乳屋さんだったんだと
161008-161052-杉田・弘明寺 (114)_R
ここにはあの森永のマークがあったんだと
161008-161707-杉田・弘明寺 (127)_R
大きくて、優しい商店街
161008-161717-杉田・弘明寺 (129)_R
お総菜屋さんやお肉屋さんは、10軒以上ありますよ
161008-162217-杉田・弘明寺 (145)_R
当然メンチを頂きました
161008-162432-杉田・弘明寺 (154)_R
もう現役でないのかな
161008-162558-杉田・弘明寺 (159)_R
「馬酔木」という店名を聞くと、古い街だろうと思ってしまいます
161008-162618-杉田・弘明寺 (160)_R
古くて、新しいまちなんでしょう、杉田の街は
161008-163715-杉田・弘明寺 (165)_R

少し、古さを目立たせすぎましたかね
161008-164101-杉田・弘明寺 (169)_R

さっ、今日はこれから弘明寺さ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する