下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

杉田 住みたいね、この街②

JR根岸線新杉田駅は大きな新しいビル
161008-153803-杉田・弘明寺 (36)_R
高層マンションも聳えていたりする
161008-153638-杉田・弘明寺 (32)_R
けれど、こんなひと昔風のボーリング場があったりして
161008-153518-杉田・弘明寺 (29)_R
よく見ると、それは過去の遺産だったりする
161008-153537-杉田・弘明寺 (30)_R
商店街現る「ぷらむろーど杉田」
161008-154105-杉田・弘明寺 (41)_R
雨がやっとあがって、しみじみ感強し、
161008-154148-杉田・弘明寺 (46)_R
「聖天橋センター」、こんな長屋系の建物が続く商店街
161008-154357-杉田・弘明寺 (51)_R
「洋傘」のお店、そうか、傘は昔はそう呼ばれていたんだ
161008-154541-杉田・弘明寺 (53)_R
少なくなりましたねえ、こんなコンパクトな本屋さん
161008-154342-杉田・弘明寺 (49)_R
でも、私の故郷の小さな町では、そこにあった本が全ての本でした

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する