下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ただただ北海道 夕張 終わらない宴②

昨日の記事の万字炭鉱跡で拾ったもの、、、石炭
160917-011402-KOZ_7204_R.jpg

私はこういうものを持ち帰るのが好きで、
大切な人に、いつか上げたいなあと、思ったりする

夕張の街の中心街には、こんな建物に出逢えた
160904-162717-ただただ北海道2016-1 (868)_R
見間違うことなき、これは、看板建築

病院が立派な姿でそこにあり
160904-162802-ただただ北海道2016-1 (873)_R
玄関先の美しさに心惹かれる
160904-162820-ただただ北海道2016-1 (876)_R

「今は営業してないよ!」地元の人が教えてくれた
160904-150713-ただただ北海道2016-1 (675)_R
160904-150948-ただただ北海道2016-1 (681)_R
「炭鉱博物館」
160904-151842-ただただ北海道2016-1 (713)_R
160904-151413-ただただ北海道2016-1 (696)_R
どこか、的外れにも見える、キャラクター
160904-150723-ただただ北海道2016-1 (677)_R
兵どもの夢の跡
160904-153315-ただただ北海道2016-1 (762)_R
160904-153522-ただただ北海道2016-1 (781)_R
160904-153511-ただただ北海道2016-1 (778)_R






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する