下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

喫茶探訪 オンリー 「魔性の味」

何が魔性だったのか、、珈琲でしょう、
でも今になってホットケーキもあるのかなあなどと、考えたりします。
160614-143448-三ノ輪南千住界隈 (197)_R
160718-135906-浅草 吉原 (64)_R
160829-172015-浅草・かっぱ橋20160829 (61)_R
星形が可愛かったのは事実です

なぜ今現在、昭和な姿を残せているのか、、、
160718-141403-浅草 吉原 (83)_R
160718-141434-浅草 吉原 (87)_R
160829-173052-浅草・かっぱ橋20160829 (89)_R
160829-173701-浅草・かっぱ橋20160829 (104)_R
ほんとのところ、わからないのです、全然

ただ、
160614-143147-三ノ輪南千住界隈 (191)_R
160718-141849-浅草 吉原 (102)_R
160829-174040-浅草・かっぱ橋20160829 (106)_R
こうして今も丁寧に営業し続けていることは事実ですし、
それ本当に素晴らしい事なんでしょうね。

皆さん、またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する