下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横濱 あこがれ⑤

「横浜橋商店街」
160813-180312-横浜201608 (306)_R
何と言ったらいいのか、この場所を
160813-180427-横浜201608 (308)_R
間違いないのは、50年前、横浜の主役で
160813-180721-横浜201608 (313)_R
今もって繁盛し続けているということ
160813-181038-横浜201608 (315)_R
お総菜屋さんが軒を連ねている
160813-181226-横浜201608 (320)_R
何度見てもそこに鉄腕アトムが描かれている不思議
160813-182418-横浜201608 (338)_R
商店街のすぐ近くの酒屋さんは、いつから営業しているのか
160813-182211-横浜201608 (332)_R
左入口は酒屋、右は角打ち(立ち飲み)の場

この辺りは、以前「真金町」という遊郭・赤線地帯だった。
160813-182857-横浜201608 (374)_R
今は住宅街とラブホテルの街、残されたのは
160813-182753-横浜201608 (369)_R
住宅街とは思えない太い道

巨大な柳
160813-182944-横浜201608 (377)_R
この家紋を目ざとく見つけられるのは、
160813-182614-横浜201608 (351)_R
私だけなのだろう
160813-182618-横浜201608 (354)_R

この日一番のお宝
160813-182706-横浜201608 (360)_R
どうでしょう、この表情

ヨコハマ、あこがれ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する