下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

山形・米沢 しんとした風景(5)

年に数回、学生時代の友人が蔵王に集まって、馬鹿をする。
5人がずっとナポレオンというカードゲームと温泉漬けの二日間。

今回の時のかけらは、蔵王に行く前に立ち寄った山形市内の風景

山形市は山形藩57万石の城下町
160806-092406-山形201608 (8)_R
二ノ丸東大手門は平成3年に復元された
160806-092429-山形201608 (12)_R
いやー立派、石垣も立派
160806-092453-山形201608 (16)_R
この人の存在なしに山形は語れません、英雄「最上義光」
160806-092542-山形201608 (21)_R
城全体が現在は「霞城公園」となって、市民の憩いの場に

すっと、突然姿を現す「旧済生館本館」
160806-092918-山形201608 (26)_R

明治11年竣工の官営のち民営になった病院、中庭が美しい
160806-094332-山形201608 (81)_R
4階まで登ってみたかったな
160806-093251-山形201608 (42)_R

これが、回診用のそりですから
160806-093151-山形201608 (36)_R

つづく
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する