下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

中山道旅情 蕨宿④

蕨宿、旧中山道の宿場としての歴史を伝えたくて
160724-160833-中山道慕情 浦和 蕨 (636)_R
なかなか豪華な「本陣跡」を作り
160724-160606-中山道慕情 浦和 蕨 (632)_R
旧中山道を浦和方面に歩くと
160724-162335-中山道慕情 浦和 蕨 (680)_R
記念碑的なものは沢山あります
160724-162331-中山道慕情 浦和 蕨 (679)_R

他にも強烈な姿の商家の建物は見かけましたが
160724-162829-中山道慕情 浦和 蕨 (697)_R
旧中山道を少し外れたところに、そっと佇む豪農屋敷の今
160724-165335-中山道慕情 浦和 蕨 (715)_R
そんな風情が、私には「蕨」という街らしいかなとも感じたのです
160724-165537-中山道慕情 浦和 蕨 (717)_R
町中に用水を引いて作物を育てた人たちは、
今もこの街にたくさん居るのでしょう、、

そんなことを考えながら歩いていくと、ついつい浦和宿まで歩きたくなったkozoh55,
15km位あったでしょうか、

中山道残照「関元屋」さんは大正5年建築
160724-171754-中山道慕情 浦和 蕨 (739)_R
建物脇にあった井戸は、遠い記憶
160724-171709-中山道慕情 浦和 蕨 (733)_R
関東大震災、東京大空襲から逃げてきたのどを潤ったくれたそうです
160724-171727-中山道慕情 浦和 蕨 (736)_R
歴史の証人

浦和に着いてみると、そこは夏祭り。
160724-172232-中山道慕情 浦和 蕨 (743)_R
神輿の担ぎ手たちの大きな声が響きます

すぐ駅というところでラムネに出逢う、
160724-173434-中山道慕情 浦和 蕨 (750)_R
コロッケとラムネで200円、幸せの200円、
160724-173354-中山道慕情 浦和 蕨 (749)_R

駅前にて
160724-173716-中山道慕情 浦和 蕨 (757)_R
160724-173734-中山道慕情 浦和 蕨 (760)_R

そうだ、ここはサッカーの街だったね




関連記事
いつも楽しく拝見させて頂いています。コロッケとラムネ 良いですネ 涼しくなったら 貴ブログ参考にあちこち散策に出かけようか、なんて思っています。私もたまにフラット商店街等散策して 「昭和レトロ」探索しています。
[ 2016/08/16 14:41 ] [ 編集 ]
Re: kitchenplazaさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
コロッケとラムネなんて、ありそうで無い食べ合わせが、
なかなかよかったです。
ここからしてレトロだなと思ったりしました。
レトロな街歩き、なかなかはまりますよ、ぜひチャレンジを!熱中症には気を付けて。
またぜひあそびにいらしてください。
kozoh55
[ 2016/08/16 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する