下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 風光明媚な里

ついつい途中下車してしまう場所、山手線「うぐいす谷駅」
160730-164221-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (233)_R
この雑多な風景が好きなのだ

時折、「なんだろう」と思う看板が鎮座していたりする
160730-164243-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (236)_R
近寄ってみたら、演芸シアターのような風情だった
160730-165220-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (257)_R
後ろ姿はちゃんと寂しそうで
160730-165432-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (259)_R
空を見上げていたら、この通りの本名、「朝顔通り」に出逢うが、ここに商店街は無い
160730-165524-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (261)_R

ラブホテル街の入口にぽつんとそこにいた公園は
160730-164749-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (247)_R
ちょっぴり寂しそうに思えた
160730-164837-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (250)_R
160730-164844-根岸・うぐいす・新橋・有楽町 (252)_R

もう1話あります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する