下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

武蔵小山 商店街KING2 ①

武蔵小山商店街PALMは東京の商店街の成功実例として、
ここより徒歩10ッ分ほどの距離にある「戸越銀座」と、
「商店街KING」の座を争っている。

けれど、東急目黒線のこの駅を降りて、目黒不動方面を少し歩くだけで
160507-140622-武蔵小山 戸越銀座 (134)_R
違う名の商店街が現れる
160507-125445-武蔵小山 戸越銀座 (24)_R
「親友会」
160507-125314-武蔵小山 戸越銀座 (22)_R
おおー、看板建築が聳えてくれている
160507-125449-武蔵小山 戸越銀座 (26)_R
ここにも別な商店街があった
160507-125556-武蔵小山 戸越銀座 (30)_R
ド迫力のせんべい屋さん
160507-130522-武蔵小山 戸越銀座 (57)_R
160507-130545-武蔵小山 戸越銀座 (60)_R
更に迫力の、昭和初期建物に出逢う
160507-131442-武蔵小山 戸越銀座 (74)_R
当時のまま、現役で営業されてました
160507-131708-武蔵小山 戸越銀座 (87)_R
なかなかな看板、いや、掲示板か
160507-131505-武蔵小山 戸越銀座 (77)_R
駅そばに戻ると、ちょっと素敵なお店が並んでいる
160507-132157-武蔵小山 戸越銀座 (100)_R
扉が小さすぎて入れないかもしれない、、、、
160507-125016-武蔵小山 戸越銀座 (17)_R

この風景が「武蔵小山駅周辺」ですから
関連記事
お煎餅屋さんの店内、左奥の蓋付きの箱?が見えますね。
なにかしら?茶箱に似ているような?

で、樋口酒店さん!?
わぉ木造昭和初期のお店が現役ってスバラシイです!
酒屋さんもスーパーの影響で減っているなかすごいですねー
[ 2016/08/09 20:39 ] [ 編集 ]
Re: masamiさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
茶箱でした。おせんべいが乾燥しないように使っていたのが、
今は壁を覆いつくして、それがなかなかの風情でした。
ガラスケースにおせんべいが詰まっている姿を見て
何か嬉しくなって、お腹いっぱいでも、1枚だけとか
買ってしまいますよね。
この酒屋さん、はい、個人的な印象では「有形文化財」クラス、
壁に置かれたお酒達は、もう50年こうして飾られているのではないでしょうか。
残してくれたことに感謝、感謝です。

[ 2016/08/10 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する