下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

足利 時をかける街並み③

JR足利駅は昭和初期に建てられた歴史ある駅舎、
160716-123655-足利 (121)_R
けれど全く古さを感じさせないその姿は、私には少し残念に思えた

駅前にあったラーメン屋「松」さんにはほぼ偶然出会ったわけだけど
160716-130045-足利 (140)_R
ここの醤油ラーメン、最高に美味しかった~
160716-124936-足利 (130)_R
スープがすっと飲める、一切のえぐみや臭みが全くなく
あっという間にスープを飲み干す
160716-125009-足利 (136)_R
嬉しい、ほんと嬉しい出逢いに感謝

駅周辺にはなかなかのお店が多い
160716-131325-足利 (172)_R
年季の入ったタバコ屋さん
160716-131330-足利 (173)_R
山になっている場所にぽっかりと顔を出している、蔵?かな
160716-132045-足利 (188)_R

ここは何者かはわからなかったけど、そうとう格式の高い料亭なのかもしれない
160716-130253-足利 (149)_R
後ろ姿がこうですから
160716-132809-足利 (198)_R
そろそろこの街の中心でもある「足利学校」に向かうと

蔵が、そして石壁が私を迎えてくれた
160716-134515-足利 (226)_R
160716-134530-足利 (229)_R

これが足利学校?かな
160716-134612-足利 (235)_R


関連記事
こんにちは。
私も最近は、こういうスッキリスープのラーメンが好きなんですよ。
チャーシューの出来栄えもよさそうですね。
偶然→運命?
いい出会いです。
[ 2016/07/21 12:28 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
お晩ですコメント下さりありがとうございます。
正直、地方都市にいきなり行って、美味しいラーメンにいきなり出逢えることは、
決して多くはないのですが、この日は違ってました。
スープもチャーシューも丁寧に、そして味が濃すぎたりしないように、
このラーメンは作られていて、スープをすする嬉しさが満ちてきたんです。
会計を済ませて「美味しかったです」とお店の方に声をかけたら
とても嬉しそうな顔をされていました。
元気に「ありがとうございます」と、声をかけていただく
縁ですねこういったことは、運命です。
都内を回って、こういったスッキリ味スープのお店を
また探し出さなくちゃいけないですね。
これからもお互いラーメン命で、記事を書き続けましょう。
またぜひあそびにいらしてください。
[ 2016/07/21 23:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する