下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

伊勢崎 時のかけら

長い記事になりましたが、この「相川考古館」だけは
160702-152022-伊勢崎 (392)_R
皆さんに知ってほしくて

160702-152738-伊勢崎 (399)_R
創始者の「相川之賀」は伊勢崎町の金物商「相川次郎平」の長男として
160702-152726-伊勢崎 (397)_R
若き頃は単身渡米、帰国後は考古資料の収集を行い
160702-152906-伊勢崎 (404)_R
脇本陣であった自宅に「相川郷土館」を創設
160702-152829-伊勢崎 (401)_R

茶室「觴華庵」は、現存する江戸時代の茶室。
160702-155735-伊勢崎 (441)_R
床を平たくして床柱を取ってしまう斬新さ
160702-155620-伊勢崎 (437)_R
個人で所有するものとは思えません
160702-155836-伊勢崎 (444)_R

更に、収蔵庫には苦にして文化財の埴輪4体を
直にこの目で見ることが出来るのです、
(弾琴男子像、武装男子像、盛装男子像、広帯男子像)

これは写真に撮れなかったことが残念で残念で
武装男子像は、教科書そのままの姿がそこに陳列されていたのです。
驚くほど保存状態が良い、その姿が


伊勢崎、いやあ、良かったです
また、行きたい
気に入っていただけた方、ぜひご訪問なさってください

kozoh55

PS 来週から桐生、伊勢崎と来て、最後の足利が舞台となります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する