下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

いざ江ノ島 看板建築を訪ねて④

この記事は今回で終わるのだろうか

腰越駅から再び江ノ電に乗り、長谷駅で降りる。
160703-162326-江ノ島鎌倉界隈 (230)_R
長谷、由比ヶ浜、鎌倉にかけて看板建築がたくさんあると伺ったもので
160703-162942-江ノ島鎌倉界隈 (238)_R
160703-163002-江ノ島鎌倉界隈 (241)_R
実際古い建物の宝庫であった
160703-164151-江ノ島鎌倉界隈 (256)_R
160703-164130-江ノ島鎌倉界隈 (253)_R

江ノ島駅について、江ノ島に行かない
長谷駅を降りて、鎌倉の大仏を見に行かない
kozoh55はどこか変人なのだろう
看板建築ではないけど、古き美しき建物は戦前派に違いない
160703-165054-江ノ島鎌倉界隈 (285)_R
古いアパート、これはなかなか見たことがない姿をしている
160703-165323-江ノ島鎌倉界隈 (288)_R
はっきりと「看板建築」細部の美しさが屋根部分に見え隠れしている
160703-165458-江ノ島鎌倉界隈 (295)_R
はっきりと「一反木綿」で?だから?とか言われそう
160703-165631-江ノ島鎌倉界隈 (304)_R
看板建築はこうした長屋造りがよく似合う
160703-170415-江ノ島鎌倉界隈 (326)_R
相当に美しい看板建築、外壁の色も印象に残りました
160703-170529-江ノ島鎌倉界隈 (331)_R
これは、かなり最近のものか
160703-173547-江ノ島鎌倉界隈 (363)_R

暑さから、ついつい喫茶を見つけ次第、入店、
160703-171458-江ノ島鎌倉界隈 (355)_R
「ジンジャーエールひとつ」
160703-171223-江ノ島鎌倉界隈 (352)_R

kozoh55が喫茶店のご主人に聞く
「看板建築を探してこの通りを歩いているんですけど、有名な元銀行があるって
ご存知ですか?」
「ありますよ、バンクって書いてあって、特殊な5差路に残されている筈ですよ」

そのアドバイスを伺いたどり着いたのが、彼の地
160703-173929-江ノ島鎌倉界隈 (366)_R
工事中であった
160703-173945-江ノ島鎌倉界隈 (369)_R

またいつか来るから、いいさ
関連記事
いやぁ〜 バンクは 工事中でしたかぁ〜(;>ω<)ノ
こういうアクシデントも「 またいつか来るからいいさ」なんて
kozoh55さん 粋でかっこいいお言です葉^ ^
また鎌倉に来ないってっいう意味なのかもしれませんね(*´ - `*)

藤沢から江ノ電に乗って 江ノ島〜鎌倉へ
なかなか大移動の充実した旅だったのではないのでしょうか〜
(もしかして 江ノ電の1日乗り放題の 乗り降りくん買われましたか?!)
次回の鎌倉もまた新たな出会いが待っているといいですね
ひっそりと地域の生活の中に溶け込んでいるような素敵な建物と♬

PS 昨日 小田原の内野邸におじゃましてきました。
近日中に 記事にする予定なので よかったら見てやって下さい (^ ^ゞ
[ 2016/07/11 16:42 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
はい、工事中でした。
こちらは何か喫茶店のようなお店として営業していると聞いてましたが、
そのあたりも微妙な状況のようでした。
安全面を確保しながらなんて難しいのでしょうけど、
この姿をなんとか残し続けてほしいですね。
小田原の銀行も美しかったですし~あそこは現役なのに驚きましたね。
鎌倉、あまりにも見どころが多そうで、何かポイントを決めた方がいいのでしょうね。
駅前に看板建築があるとも聞きましたので、
そろそろ行かなきゃ、です、ちゃんと。
お得なチケットがあったんですね~かっこつけてスイカで実費払い続けていました。
鎌倉、和の建物・お寺はもちろんですけど、ひそかに素晴らしい洋館も
たくさんあるのでしょう。そんなところにも行ってみたいです。
内野邸、行かれましたか、中に入れるみたいですから、
素晴らしいものに出逢えるのでしょう、ブログでアップされる日を楽しみにいたします。
またぜひあそびにいらしてください。
[ 2016/07/11 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する