下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

いざ江ノ島 看板建築を訪ねて①

今回の記事は、ブログのお友達から、
「江ノ島・鎌倉界隈には古い建物、看板建築が多いわよ」
というネタを入手して、夏の到来にもめげずに
かの地を初訪問したのです、どんなお話になるやら

まずは東海道線に乗って藤沢へ

いや~最近、ハマってしまっているのです、「こぐま」さんの
160703-133822-江ノ島鎌倉界隈 (16)_R
「牛乳ラーメン」
160703-132725-江ノ島鎌倉界隈 (3)_R
この体と胃腸に優しいラーメンは、大盛りをすっと食べてしまい
胃がもたれることは、ありません。(注:個人的な感想です 効果を約束するものではありません)

さあ、いざ、江ノ電に乗って「江ノ島」へ
160703-134238-江ノ島鎌倉界隈 (17)_R
160703-134255-江ノ島鎌倉界隈 (20)_R

あっというまに江ノ島駅に来ています
160703-140052-江ノ島鎌倉界隈 (29)_R
160703-140335-江ノ島鎌倉界隈 (30)_R
このベンチは古い?かもしれない
160703-140025-江ノ島鎌倉界隈 (28)_R
みんなが向かう江ノ島へ
160703-140512-江ノ島鎌倉界隈 (31)_R

出逢いましたよ~看板建築、いきなりですから
160703-140804-江ノ島鎌倉界隈 (36)_R
どうですか、一文字一文字美しい
160703-140816-江ノ島鎌倉界隈 (37)_R
江ノ島の海のブルーという色遣いもいいです
160703-140817-江ノ島鎌倉界隈 (38)_R
ああ~もう満足しちゃいそう
160703-140820-江ノ島鎌倉界隈 (39)_R

「湘南堂」さんの「アンドーナツ」
160703-141456-江ノ島鎌倉界隈 (52)_R
こりゃまた素朴な味わいで飽きが来ないです
幸せな時間、、
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する