下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 三ノ輪南千住界隈①

学生時代の先輩に「東京の下町に連れてってくれ」と言われて案内したのが、
160614-133123-三ノ輪南千住界隈 (118)_R
「三ノ輪」「とジョイフル三ノ輪商店街」
160614-132526-三ノ輪南千住界隈 (95)_R
160614-132448-三ノ輪南千住界隈 (93)_R
160614-132556-三ノ輪南千住界隈 (98)_R

普段ならここから商店街商店街に向かうのだけど、
今日はそこから街歩きをしてみた。

無名の鉄道トンネルが、煉瓦のレトロものだったりする
160614-133607-三ノ輪南千住界隈 (134)_R
しみじみ店舗には
160614-134025-三ノ輪南千住界隈 (140)_R
不思議ちゃんが描かれている
160614-134032-三ノ輪南千住界隈 (142)_R
少し飲み屋が集まっているのが
160614-134357-三ノ輪南千住界隈 (149)_R
昔は大きな商店街だったりします

たいやきの名店「浪花屋」が南千住にもあることを
160614-135530-三ノ輪南千住界隈 (172)_R
初めて知って、頂きました。
160614-135418-三ノ輪南千住界隈 (162)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する