下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 旧川越街道①

西武線の練馬駅周辺は、たくさんのしみじみ商店街が駅前にあり、
今も繁盛し続けている印象。

では、東武練馬駅周辺は、、、、、、
160529-130739-上板橋・東武練馬 (125)_R
少し面白げな看板のしょうてんがいがあることしか印象が無くて
160529-130821-上板橋・東武練馬 (130)_R
気が付くと線路沿いの古い飲み屋群にたどり着いた
160529-132453-上板橋・東武練馬 (154)_R
ええ、渋かったです
160529-132529-上板橋・東武練馬 (157)_R

ところが、駅から北に向かうと、突然、街が明るく広がってくる
160529-132815-上板橋・東武練馬 (158)_R
「北一商店街 みのり市」
160529-133225-上板橋・東武練馬 (168)_R
元気な商店街にはメンチカツが似合いますね
160529-133025-上板橋・東武練馬 (162)_R
たいやきも似合います
160529-133838-上板橋・東武練馬 (179)_R

そう、この通りは「旧川越街道」
関連記事
こんばんは^^

商店街のコロッケとかお惣菜って
とってもおいしいですね~
きっと手間暇とかを大事にして
お家で作るように 昔ながらの作り方を
守っておられるからなんだろうなーって思いました。
そう考えると 変わらないって とっても素敵なことですね♪
[ 2016/06/29 20:39 ] [ 編集 ]
Re: にゃうわんさんへ
おはようございます、コメントくださりありがとうございます。下町商店街と言えば、お肉屋さんが元気に営業を続けて、メンチカツはどこでも主役。
素材と揚げたて、油に拘るお店は繁盛し続けますね。このお店もそんな風でした。
関西では「ミンチカツ」ああ、そんなコメント書いていたら、名店の味を思い出し、いても立ってもいられなくなります。宝塚の清荒神参道脇のあのミンチカツ、とってもジューシーでした。また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/06/30 07:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する