下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

中山道旅情 倉賀野宿②

中山道沿いに蔵がある、
160605-063325_R.jpg
美しくアレンジされた喫茶店、
160605-063519_R.jpg
そこにさりげなく咲いた「道祖神」達
160605-063236_R.jpg
どこから連れていたのだろうか
160605-063243_R.jpg

倉賀野の主役はやはり、美しく残され史跡建築
160605-064354_R.jpg
これほど美しい姿で、本来残せるものではないけど
160605-064358_R.jpg
残されている不思議、「うだつ」は上がってますね
160605-064430_R.jpg
こちらも素晴らしい
160605-064949_R.jpg
屋根上の小さな屋根は、倉賀野宿、高崎宿の伝統らしく
160605-064850_R.jpg
友人の話だと、それこそが養蚕農家の典型的な建物様式とのこと

自転車もレトロ入ってます。
160605-065007_R.jpg
蔵の王道
160605-064838_R.jpg


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する