下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

見届けられた幸せ 横須賀 小松

テレビで今日のニュースを見ていたら、
横須賀市の「海軍料亭」と呼ばれた明治18年開業の料亭が火事となり、
全焼に近い被害を受けたと報道されていた。

100年を超すその建物への敬意を表して、写真をアップします
151023-142018_R.jpg
151023-142124_R.jpg
151023-142208_R.jpg
151023-142349_R.jpg
151023-142435_R.jpg

料亭だから、夜の方が美しく見えるのは、ごく自然のことなんだろう
151031-165933_R.jpg
151031-170057_R.jpg

また輝かれることを、お祈り申し上げます
関連記事
俺もニュース見ましたよ。行かれてましたか~。
もったいないですね。火事の日は定休日で、まだ火災の原因は分かってないと言ってましたね。
貴重な写真になりましたね。
[ 2016/05/17 13:22 ] [ 編集 ]
お写真撮ってくださってあったのですね。
私など市内に住んでいても撮ったことがないのに。。。
建物もそうですが、貴重な掛け軸などが持ち出せなかったそうです。
残念でなりません。
またひとつ歴史が終わってしまった感があります。
寂しいです。
[ 2016/05/17 20:23 ] [ 編集 ]
敬意を表して
敬意を表してとのスタンスで書かれているのは貴方様くらい。
個人的に、気分を害されませんでした。ありがとうございます。
女将は頑張りますと言っていました。
大女将は大丈夫なのか...
是非とも再建して欲しいですね。
優雅亭の方が営業できるようなら、そちらに行って勇気づけて来たいと思います。
[ 2016/05/18 14:02 ] [ 編集 ]
Re: kshun10さんへ
こんにちは、コメントくださりありがとうございます。
あれだけの歴史的建築物、火事にはどうにもなかったですね。
これまで残してくださった事に感謝ですね。
どんな形であっても、残ったものを生かして営業し続けて欲しいものです。
またぜひ遊びにいらして下さい。
[ 2016/05/18 15:28 ] [ 編集 ]
こんばんは
”横須賀、そう言えばkozoh55さん、街歩きしていたなー”と...。
夜の写真も撮られていたのですね。

木造で乾燥していますから火のまわりも早かったのかな~
人への被災がなかったのは、幸いだと思いますが
本当に残念ですね。地元のかたはもっと悲しんでいらしゃるでしょう...
[ 2016/05/18 19:40 ] [ 編集 ]
Re: carrotさんへ
お晩です、コメントくださりありがとうございます。
横須賀はどこも素晴らしくて、猿島のフェリーに乗り遅れたりしましたから(笑)。小松さんはいつ訪れても静かにそこに佇んでんいました。形あるものはいつかはこうなる日がやってくる。だからこそ、見届けられた幸せと言わなければ、これからも言っていきたいと思います。
絵画も欄間も床の間も、夢と消えたのでしょう。
やはり残念ですね。復活を期待します。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/05/18 22:11 ] [ 編集 ]
Re: 敬意を表して
お晩です、はるさん。
コメント下さりありがとうございます。
また、私のブログにいらして下さりありがとうございます。
100年続く建物を残し、料亭を営み続けるのは、
相当な覚悟と志が女将にも大女将にもおありなのは、
伝わってきます、だからこそ、敬意を表してこの記事を書きました。
神田の藪そばさんも復活されたと聞いてます。
そうですか、優雅亭というものもあるのですね、勉強になります。
良かったら、また遊びにいらして下さいませ!
kozoh55
[ 2016/05/19 00:31 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
masamiさん、コメントくださりありがとうございます。
コメントくださった方のお話では、女将はまた営業したいとおっしゃっているそうです。そうなってくれることを願っていきましょう。街の方にとっても大きな存在だったでしょうから。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/05/19 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する