下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

新小岩 ときどき、下町猫③

実のところ、新小岩にも大きなアーケードがある商店街も存在
160510-152448_R.jpg
ここにはいわゆるナショナルチェーン、大手小売りの店が並ぶ

その少し脇の路地に入ると、お肉のお惣菜屋さんを発見「川上」さん
160510-162632_R.jpg
揚げ置きしないで、その場で揚げるお店に出逢えた幸せ
即、「カニクリームコロッケください」とkozoh55
160510-162819_R.jpg
形からして美しいうえに、このカニクリームのさっぱり感がたまりません
160510-162905_R.jpg
思わずお土産で一口カツ、エビ、カニクリームコロッケを頼みましたよ。

待っている間に、内装が気になりだす、
「このお店の内装、独特ですね、確か、森下のお肉屋さんもこんな風でしたよ」とkozoh55
160510-163351_R.jpg
「この天井、西陣織だからね、どこにもないでしょう?こんな天井」
「森下にも同じ内装屋さんが入ったお店があったね、確か」

この壁、全てフランスから取り寄せたタイル
160510-163500_R.jpg
「いや~当時、マンション1棟買える位の価格だったのよ、この店の内装だけで」
160510-163515_R.jpg
「気付かないよね、お客さんも、内側から彫っているなんてこと」
160510-163344_R.jpg
「そうなんですか、そうだったんですか」驚き、頷くしかないkozoh55

いいものを見せてもらいました。森下のお店と見比べたくなりましたよ。
関連記事
こんばんは。
このカニクリームコロッケは、美味そうですね。
こういうお店で、テイクアウトして、自宅でいただくのも一興ですね。
[ 2016/05/15 01:35 ] [ 編集 ]
こんばんは
メンチじゃないのね(笑)

お肉屋さんの内装、すごいですね~
西陣織にフランスから取り寄せたタイル!

>いや~当時、マンション1棟買える位の価格だったのよ、この店の内装だけで
「ほぉ~なるほど」って言いたくなりますね(笑)
”なぜ?この内装に”って聞くのは愚問ですかね?
[ 2016/05/15 21:04 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
こんばんは、コメント下さりありがとうございます。
あの形にまず惚れました~
かにクリームコロッケとはこういうものだ!という気概みたいなものを感じます。
冷凍食品の四角、細長いイメージがありましたが、
こんなにもまん丸で、嬉しくなりました。
はい、家で家族と頬張りました。でも、
揚げたてにはかなわない、当たり前ですね。
こういうおいしい総菜 長年売り続けてくれているお店がある街って
それだけでもプレミアムな価値を感じます。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/05/16 19:13 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
お晩ですmasamiさん、どうしてだかメンチじゃないんです。
お腹が空いていなかった?何故だろうか?
メンチを売っていなかった、いや、あのカニクリームコロッケの形に惹かれたのです。
お店のご夫婦との会話から想像すると、
この店内を仕上げた内装屋さんは主にケーキ屋さんの内装を手掛けていたんですけど、
お店の個性を持たせたいご主人が気に入って、高額なのを受け入れ
この内装に決めたんでしょう。
事実、こちらも森下のお店もどこか他と違う雰囲気を醸し出していて
それはこの内装のすばらしさに尽きるのでしょう。
元気なご夫婦、素晴らしいご夫婦でしたよ。
[ 2016/05/17 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する