下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

小岩 一人で歩きたい②

駅前の商店街から、少し離れた「千代田通り商店街」
160423-172048_R.jpg
これは昔ながらの雰囲気満点!
160423-172108_R.jpg
お惣菜全般
160423-172203_R.jpg
漬物も自家製でしょう
160423-172215_R.jpg
そうですか「羽二重はたき」知りませんでした、ブランドでしょうか
160423-172558_R.jpg
懐かしい「靴屋さん」
160423-173511_R.jpg

関連記事
感激の商店街
私も千代田商店街を「発見」した時は感激しました。
江戸川区に挟まれた葛飾区で、昭和の残像なんですよね。
昭和といえば、小岩の「マルイ」がある昭和通りも
なかなか良い、渋い雰囲気です。
どちらも、いつでも気軽に「一人で歩ける」ところですね。
いつも楽しく拝見しています。
[ 2016/05/04 21:23 ] [ 編集 ]
Re: 感激の商店街
おはようございますほのぶらマンさん、コメント下さりありがとうございます。
千代田商店街、「昭和の残像」おっしゃるとおりですね。昭和40年代、あの狭い通路に人渦が広がって、自転車などは入れない毎日に、一生懸命お店の方々が笑顔で応えていたのでしょう。ほんのちょっと前の出来事です。
特にこの商店街はただ歩いていると、存在に気付かない可能性を感じます、突然現れるのですね。「お惣菜商店街」なんていうネーミングを付けたくなる、そんな商店街ですね。
小岩はJR駅沿いもなかなか渋いのが凄いところですね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/05/06 09:09 ] [ 編集 ]
こんにちは
高菜!200円!!
これだけの大きさはいいですねー。

高菜炒飯食べたくなりました(*^-^*)
[ 2016/05/06 17:02 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
masamiさん、コメント下さりありがとうございます。
いや~価格まで見てくれるなんて嬉しいです。
そもそもこの商店街が「安くて新鮮で、美味しい」お店の集まりだったので
これだけの規模の商店街になったのでしょうし、
その伝統が続いているのでしょうね。
いい~ですね。高菜炒飯、私も食べたい。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/05/07 09:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する