下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

池袋 猫ぶくろ 番外編

過去の池袋の記事から、この街がいかに「猫袋」なのかが、
知ってほしくなりました。

夫婦、じゃないでしょう
130303-163801_R.jpg
意思強し
150312-164614_R.jpg
お前らいつも塀に上っているのか?
130303-142236_R.jpg
塀、そうか、サンシャイン60は巣鴨プリズン、塀がある拘置所だったんだ~
関係なさそう、(笑)

うぉい、危ないぞ~
130303-165424_R.jpg
小さくても猫
130303-153350_R.jpg
大きくても猫
150312-164856_R.jpg
池袋に在住されていた「熊谷守一」さんの美術館には

愛らしい猫作品がいっぱい
160427-231659_R.jpg
160427-231642_R.jpg

そういえば、「アトリエ村」はこんな風だったようですね
130303-123745_R.jpg

関連記事
うわぁぁ

猫ぶくろで猫まみれ(笑)

熊谷守一さんの絵、大好きです〜
ぱぁっとココロがはればれとします(*˘︶˘*).。.:*♡
[ 2016/04/28 03:32 ] [ 編集 ]
Re: ちまちま子さんへ
おばんです、コメント下さりありがとうございます。
池袋のバックナンバー記事を読んでみたら、
猫だらけ、猫ぶくろでしたよ、それも個性的な猫ばかり。
熊谷守一、実は知らなかったのですけど、
この猫の絵だけは知ってたりします。
なんかこの抽象性というか、いいんですよね。
猫への慈しみ満ちてました~
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/04/29 01:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する