下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

桜の街 靖国神社

桜の街を今年ももう一度訪ねたい、とJR水道橋を降り立つ、
「麺者 服部」
160405-131523_R.jpg
「塩ワンタン麺」は花が咲いたような鮮やかさで
160405-130352_R.jpg
ぷりぷりな海老ワンタン、
160405-130415_R.jpg
叉焼も彩りが美しくて、上品な醤油味と柔らかさに惚れました~
160405-130352_R.jpg

この店は何ぞ?
160405-132012_R.jpg
知る人ぞ知る人気のラーメン屋さん「覆麺 智」さん
160405-132019_R.jpg
「二郎ラーメン 神保町店」
160405-132049_R.jpg
個性的な店あり、行列店ありの、この街はラーメン天国か、、、

さて、花見へと九段坂を歩く、
160405-133305_R.jpg
「高灯篭」明治時代はこの灯篭を品川沖からでも見えたそうだ
160405-133505_R.jpg
桜の名所でもある「靖国神社」
160405-133641_R.jpg
桜の満開の姿を見ると、美しいという思いと一緒に
160405-133739_R.jpg
無常感を覚えるには私だけだろうか
160405-133926_R.jpg
死者を弔う寺社仏閣は桜と相性がいい、特に染井吉野は
関連記事
こんばんは
ワンタン、ちょっと黄色みかかってるのはなんででしょ?(笑)
でもこんなにたくさん入っているしチャーシューも柔らかそう!

桜こちらでも満開になって昨日、今日と散り始めてきています。
そうそう、ベランダに花びらが飛んできて
桜吹雪の遠山金四郎のようになってますよ!うふふ・・・

ジンギスカン鍋、お家にあったんですねー!
お花見、部活などでもジンギスカン!!
びっくりです(笑)すぐに友人に話しちゃいましたよ。
鍋にもピンキリがあるのも知りませんでした。

昔、会社の社員旅行でジンギスカンを初めて食べて
とても美味しかったのを思い出しました。
同僚とワイワイしながら...
物産展でジンギスカンのお肉を見つけて買って
家で食べましたが、美味しいけれど何かが違う(笑)
やっぱりあの【北海道で食べるジンギスカン】が美味しいんだって
確信しました。
[ 2016/04/08 21:20 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
お晩ですmasamiさん、コメントくださりありがとうございます。あのワンタン確かに黄身がかってました、そういえば。
海老がプリッと詰まっていて、いい食感でしたしか印象が残ってないです~なぜあの色だったのだろかうか?今度記事行ったら店長に聞いてみますね。
すごい、桜吹雪が自宅に飛び込んで来るなんて、やっぱりすごいことです。
何でもジンギスカンなんですけど、「ジンギスカン飴」だけは買わないで下さいね。飴なめていたらもやしが出て来ますよね
そうなんです、北海道で仲間とワイワイやりながら食べるのが、極上の食べ方なんです・間違い無いです。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/04/10 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する