下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

谷中rainy 

冷たい雨の日でも
160314-170739_R.jpg
元気に営業中
160314-170833_R.jpg
160314-170810_R.jpg
お店の中はあったかいように思えます
160314-171128_R.jpg
「マロ」さん、名の由来は?
160314-171446_R.jpg
麿、、、らしい

裏口から失礼します、谷中銀座さん
160314-171546_R.jpg
雨でも表情は変わりませんよ
160314-171612_R.jpg
160314-171638_R.jpg
猫舌屋?さん
160314-172256_R.jpg
カラフルなのはいいことでしょう、
160314-172442_R.jpg

ああ、確かにここは昭和30年代、私の生まれた頃と
160314-172515_R.jpg
そう違わないのかもしれない

谷中は雨がお似合いだ
関連記事
確かに雨が似合いますね。
濡れた路面に商店の灯りが落ちて、
なんともいえず情緒が漂っています。
雨の日で正解でしたね!
[ 2016/03/16 22:07 ] [ 編集 ]
Re: carrotさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
しっとりと濡れる街、でした。ほめ言葉です。
でも、曇りの日も、晴れの日もいいんですよ~
雪の日だって、イイ。
そうでした~以前、雪の日に谷中銀座から根津まで歩いたのを
思い出しました。
http://kozoh55.blog.fc2.com/blog-category-166.html#entry680

あれはあれでよかったですから。
でも、おっしゃる通り雨の日は格別間違いなし。
またぜひ遊びにいらしてください。

[ 2016/03/18 00:59 ] [ 編集 ]
おはようございます
雨の谷中は、いつもの賑やかな感じと違って
ひっそりしていいですね。

私もそう言えば行った時、雨であまり人がいませんでした(笑)
「朝日湯」銭湯もあるんですね~
[ 2016/03/18 09:58 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
こんばんはmasamiさん、コメント下さりありがとうございます。
もともとはこんなふうなひっそりとした街だったのかもしれません。
お寺があり、古いお店があり、商店街があり、
それが、谷中銀座が注目されて、千駄木、根津へとひろがっていき
賑わいの街になったのですね~
5年前と今でもだいぶん違うそんなふうに感じます。
現役の銭湯に街の人は嬉しそうに銭湯生活を楽しんでいました。
[ 2016/03/19 19:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する