下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

藤沢宿 穏やかに吹く風

旧江ノ島街道にぽつりと残さている
160228-150827_R.jpg
道路が整理されるたびに集められる庚申塚
160228-150617_R.jpg
昭和5年建築の旧家は七福神も祀られ
160228-152101_R.jpg
元はッ病院だった、と勝手に想像するkozoh55、遊行寺参道にて
160228-153409_R.jpg
美しい
160228-163043_R.jpg
ひたすら美しい建物
160228-163028_R.jpg
どこにでもありそうなこの建物は
160228-165708_R.jpg
たぶん、戦前の、それも病院ではなかろうか、
160228-165455_R.jpg
電話を2回線持つなんてなかなかなすごいことだ

この日はほんと穏やかな風が吹いて
160228-173543_R.jpg
ああ、住んでみたいと思ったものでした
160228-180941_R.jpg

いかがだったでしょうか、藤沢宿。
「まあだだよ」と誰かに言われたような気がします
川口に行ったとき、小田原に行ったとき、
同じ気持ちになりました

藤沢、再びの記事がアップできる日は近いでしょう
ご訪問くださった皆さん、感謝申し上げます
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

追伸 次は厚木かしら、金町かしら
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する