下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

熱海 今も昔も憧れて①

名物温泉宿、贅を尽くした別荘、旧色町、
いや、熱海の魅力はまだまだありました~

熱海の街を上から望む「来宮神社」には
熱海201601 (378)_R
この街を2000年守り続ける「大楠」がおわしました
熱海201601 (389)_R
翌日訪れた「伊豆山神社」には
熱海201601 (986)_R
急な階段が神社から海まで続いています

そして、ここには日本最初の武家政権を作った「源頼朝」が
熱海201601 (1023)_R
のちの妻となる「北条政子」と逢引きしていた場所でもあるんです

伊豆山神社があるこの地は「伊豆山温泉」と呼ばれ、歴史は熱海より古く、
道後温泉、有馬温泉と共に日本の3大温泉と呼ばれていたそうです

だからでしょう、こんな洞窟湯があるのですから
熱海201601 (1047)_R
撮影できたのはここまでで、この際には温泉が噴き出しており
神様も祭られていました。
熱海201601 (1053)_R

看板建築群がどれもこれも丁寧な造りで
熱海201601 (327)_R
惚れ惚れしてしまっていいでしょうか
熱海201601 (334)_R
熱海201601 (336)_R
「東海利器更生所」さん、あなたは何屋さんだったのでしょうか?謎です
熱海201601 (409)_R
熱海201601 (414)_R

関連記事
こんばんは
この街を2000年守り続ける「大楠」
この存在感、すごいですね~~~。びっくり!
幹の模様?うねうねしてるところがあったりして
「生きている」っていう表現がぴったり。
あんまりパワースポットっていうのは嫌いなんですけど(笑)
この木のエネルギーは2000年の時を超えてって思っちゃいますねー

ここにも看板建築が...
東海利器更生所さん、本当に何屋さんだったんでしょう?
利器は ”鋭利な刃物。鋭い武器”で、更生は”生き返ること。よみがえること。”
刃物などの治し屋さんかな~?

>のちの妻となる「北条政子」と逢引きしていた場所でもあるんです
お父さんに反対されていた政子さん、この椅子のような石に座って
頼朝さんと何を話していたのでしょうね。

「頼朝さん、お父さんが反対してるけれど私の愛は本物なの」
「わかっているよ、政子さん。伊豆に流刑となったのも
きっと政子さんに出会うためだったんだよ」

以下省略(笑)
すみません、色々と妄想してみたくなりました(;´∀`)
[ 2016/01/09 20:27 ] [ 編集 ]
広範囲 まわれて 熱海を 大堪能されたのですね^ ^

来宮神社の大楠の周りを1周廻ると
寿命が1年延命する伝説があるらしいですね♪

kozoh55さんは 廻りましたか???

私は父が短命だったことと…
私自身が父親似なので 欲張って10回 廻りました(笑)

来宮神社のすぐ近くの蓮月荘と言うお宿
2013年に泊まって お世話になったのですが…
古く趣きある木造建築で とてもお勧めです♬
次回 行かれたら ぜひ足を運ばれてみて下さい(^_^)v
[ 2016/01/10 09:17 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
masamiさんへ。いや~巨木は他でも見たことはありますが、
2000年というのも凄いですけど、おっしゃるとおり見た目の迫力が凄かったです。
気が放つエネルギー・オーラを受け止めたい、
神頼みを信じない方のkozoh55ではありますが、圧倒されました。
古墳時代のお話ですからね。
東海理機さんという会社は存在するのですが、これは別物、
おっしゃるとおり、刃物の販売や修理のお店だったのかもしれないですね。
側面の文字がヒントだったかも?でも読めないのです。
伊豆は、熱海は伝説やら逸話やらが尽きることがない、
話題性が豊富な場所ですね、楽しい。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/01/10 20:45 ] [ 編集 ]
Re:shizuさんへ
おばんです、コメント下さりありがとうございます。
いや~またshizuさんの縄張り方面に侵犯してしまってます~
そうでしたか、あの大木の廻りを1回廻ると
寿命が一年延びるのでしたか、事前に聞いておくべきでしたね。
はい、1年寿命が伸びました。(笑)
10回も回ったら、目が回ったでしょう!(笑)
連月荘、ホームページも見てみました、素敵です。
是非次回訪問時の候補にさせて下さい。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2016/01/10 21:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する