下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

銚子 静かなるChristmas eve②

「外川(とがわ)」は遡ること江戸初期に、紀州から移民して来た人たちが、
この坂を碁盤の目の街づくりをして、たくさんの人、漁師たちが住み着いた街であり、
坂は8本、今日に至っているそうです

「一条通り」
銚子201512 (179)_R
銚子201512 (186)_R
銚子201512 (184)_R
「一心通り」
銚子201512 (194)_R
さらりと昭和な建物が軒を連ねる
銚子201512 (195)_R
町の人たちが自らの手で、坂を町に変えたのだ
銚子201512 (200)_R
瓦屋根の美しいこと
銚子201512 (212)_R
もう、街並みから消えたはずのコンクリート製ごみ箱が、ここに鎮座している
銚子201512 (218)_R
「本浦通り」
銚子201512 (222)_R
この風景で毎日朝を迎えるこの街の人たち
銚子201512 (225)_R
「外川三部作」な景色
銚子201512 (235)_R
銚子201512 (236)_R
銚子201512 (241)_R
続く
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する