下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

親不孝通り 洲崎発 終点吉原④

繰り返すけど、洲崎から吉原までは「大門通り」と呼ばれていた。
現在はこの通りは「土手通り」に
亀戸から三ノ輪へ (368)_R
渋い建物と
亀戸から三ノ輪へ (364)_R
教会を横目にしながら
亀戸から三ノ輪へ (366)_R
終点「吉原大門」交差点に到着
亀戸から三ノ輪へ (372)_R
この貧相とも終える柳は、

「見返り柳」と呼ばれている
亀戸から三ノ輪へ (371)_R
吉原を出た人がこの場所で、吉原の遊女を思い出し
振り返る場所だったそうだ

曲がった道を歩いていくと
亀戸から三ノ輪へ (377)_R
吉原大門が見えてくる
亀戸から三ノ輪へ (386)_R
両脇に「吉原大門」のネオン、現役のピンク街には敬意を表して、写真はここまで

お蕎麦屋さんはいつからのお店か?
亀戸から三ノ輪へ (391)_R
「伊勢屋」さんは明治22年創業、
亀戸から三ノ輪へ (398)_R
その姿に圧倒される
亀戸から三ノ輪へ (396)_R

「いろは商店街」
亀戸から三ノ輪へ (408)_R
地名では「日本堤」というこの街は、別名の「山谷」として有名で
亀戸から三ノ輪へ (420)_R
あしたのジョーの舞台となった場所でもある

ああ、ほんとだ、こんなとこに「ジョー」がいるんだね
亀戸から三ノ輪へ (421)_R

通り名としての「大門通り」は洲崎から錦糸町のあたりで表示は消えている
けれど、ここは間違いなく「大門通り」なのだ
いかがだったでしょうか、「親不孝通り」
もはや地元の方も知らない通りなのかもしれません
でも、今回の旅でその存在が明らかになりました。
よって、また、歩いてみたいです、丁寧に

ご訪問くださった皆様、感謝でございます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55
関連記事
こんにちは。
津田沼の親不孝通りとは、随分ちがいますね~
天ぷらの伊勢屋さんなんて老舗感たっぷりの佇まい。
きっと美味いんでしょうね。
出前用のカブが置いてある蕎麦屋さんは、庶民の匂いが
します。

ここがジョーの舞台とは、びっくりぽんです。
[ 2015/12/24 09:07 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
ほんとですね。明日のジョーのテーマソングに出てくる「泪橋」はこの場所のすぐ近くに実在していた橋で、この商店街はジョーの存在を誇りにしています。あの伊勢屋さんは吉原という街を、そこに出入りする人達をずっとずっと見続けてきたのでしょう。年輪を感じる場所ですね。ついつい気がつくと足を運んでしまいます。また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/12/24 20:18 ] [ 編集 ]
こんばんは
伊勢屋さん、老舗の貫禄がたっぷりですねー
ほぼ木造で戦時中も焼けずに、残ったんですね。

[ 2015/12/27 20:25 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
お晩ですmasamiさん。まるで吉原を守る狛犬のように堂々とした姿をしていました。この街に集う人達の悲喜こもごもを見守り続けて来たのでしょうね。時には主役を演じたりしながら。
昭和2年に再建されたということは、関東大震災の被害を受けたのでしょう。営業再開されたら、食べてみたい、そんな気持ちになりました。
[ 2015/12/28 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する