下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

品川宿 東海道が走る素敵街③

長い時を刻んだ建物たちが
品川宿201512 (114)_R
いっぱい
品川宿201512 (132)_R
品川宿201512 (133)_R
「星野金物店」さん
品川宿201512 (139)_R
銅板建築とタイルの組み合わせ
品川宿201512 (149)_R
パーツ一つ一つ
品川宿201512 (145)_R
ぜひ、見てほしくなります
品川宿201512 (158)_R
路地も魅力的な街
品川宿201512 (200)_R
看板建築群
品川宿201512 (243)_R
品川宿201512 (246)_R

「品川宿」の中心地
品川宿201512 (244)_R
そして、「本陣」跡
品川宿201512 (241)_R
そう、品川宿、品川の街は今の場所より、ずっと南にあったのだ
旧品川宿の北にあるから「北品川」
地名の不思議は、面白い
関連記事
品川宿、いいですよね。
北品川には結構名残があって歩いていても楽しいです。
「星野金物店」は、予備知識なしに発見したので驚きでした。
[ 2015/12/17 18:40 ] [ 編集 ]
Re: kshun10さんへ
おはようございます、コメント下さりありがとうございます。
そうですね~いきなり北品川駅そばには、料亭「島崎楼」跡があったりしますから
江戸の中心でもあったのでしょうね。
星野金物店の姿、街の大店としての「矜持」みたいなものを感じさせる
堂々とした姿に、ほれぼれしてしまいました~
ずうずうしく、中を見せてもらう、話をしてみるべきでした~
中も凄いのでしょう。
ああいう建物に出会えることも街歩きの醍醐味ですね~
これからもよろしくお願いします
[ 2015/12/18 07:56 ] [ 編集 ]
こんばんは
星野金物店さんの銅板建築とタイル!
これはこれは、グッときますね~♪

ちょっとくすんでいるのと、右から読む「星野金物店」
タイルの上にまた銅板というのも素敵です。
[ 2015/12/27 20:38 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
おばんですmasamiさん、星野金物店は本当の本物として
堂々としてそこにひっそり佇んでいました。
文字が右から左へ流れるのは、戦前文化を今に伝えてくれます。
歴史というものを私たちに伝えてくれるこんな建物に出会えることが出来るのは、
幸せ以外の何者でもないですね。
銅板建築とタイルのハーモニー。これに勝るものはないですね。
[ 2015/12/29 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する