下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

品川宿 東海道が走る素敵街①

地名や駅名には、不思議なことが多い。
京浜急行線北品川駅は、JR&京浜急行品川駅よりも南にある、なのに「北品川」

その意味を確認すべく、品川駅を降りる
品川宿201512 (3)_R
なんと立派な駅なのか、そうだ、この駅には新幹線が止まるからか

ちっちゃい商店街をくぐって
品川宿201512 (6)_R
いざ北品川駅方面へ

巨大なビル群を通り、
品川宿201512 (11)_R
その先には
品川宿201512 (13)_R
しみじみとした風景が見えてくる
品川宿201512 (19)_R
都心にぽっかりと浮かぶ建物
品川宿201512 (39)_R

品川宿201512 (43)_R
近づいて出会ったのが、この「路地」
品川宿201512 (52)_R
品川宿201512 (56)_R
美しいと言えば足りるのだろうか、
品川宿201512 (62)_R
いやあ、足りないです
品川宿201512 (63)_R
そうだ、古いプランターは、こんなコンクリート製だったな
品川宿201512 (61)_R

もうすぐ、北品川
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する