下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

熊谷 中山道 かけら探し⑥

上熊谷駅周辺を離れ、熊谷駅方面に戻ると
熊谷201511 (152)_R
この街の古びた風な
熊谷201511 (146)_R
姿が一杯だこと
熊谷201511 (143)_R
蛇行した美しい道のりの先に見つけたもの
熊谷201511 (131)_R
こんなお店や
熊谷201511 (122)_R
歴史ありげなビル
熊谷201511 (107)_R
「いや、ここは戦後の建物なんですよ」
熊谷201511 (103)_R
「うちのおばあちゃんが言っていたんですけど」
熊谷201511 (101)_R
この道のこっち側は戦争で焼けてしまい
熊谷201511 (94)_R
向こう側は焼け残ったんだそうです
熊谷201511 (93)_R

話題の戦災を受けたなった、向こうの風景、どおりで昭和大正ロマン看板建築
熊谷201511 (127)_R
見つけた喜びですね
熊谷201511 (67)_R
熊谷201511 (64)_R

いかがだったでしょうか、熊谷。
人口20万人の首都圏近郊のまちには
古き良き伝統・街並みは残されていたんです
無くなったという商店街も
今も、しっかりと呼吸をして
存在感ここにありきでした

またお邪魔したい街です
訪問くださった皆様、感謝でございます
またぜひ遊びにいらしてください

kozoh55
関連記事
熊谷…夜の景色も また いいですね^ ^
建物内から漏れる灯りがより一層温かに見えて…

民家は 特に中では どんな人が どんなひと時を
過ごしているのだろう〜と想像力が掻き立てられます(ノ´ - `*)

家族団欒であってほしいなぁ〜としみじみ思います♪


ところで…「ダイクラ」はアンティークショップですか???
コレクターズアイテムのファイヤーキングのマグ(?!)
のようなものが 棚にたくさん並んでいますが…(・・?)
[ 2015/12/01 08:49 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
おばんです、コメント下さりありがとうございます。
そうなんです、熊谷の温かいところは、
今や商店街が一部民家化してしまって、
それが家庭的な街という雰囲気を醸し出しているのです
駅前中心に飲み屋が多いお店という感じなんですが
だからといって、呼び込みの人が一杯いる感じではなくて
家庭的な居酒屋系が目立ってました。
暑さを除くと、住みやすい過ごしやすい、伝統を持った街なんでしょう。
「ダイクラ」さん、不思議な、不思議なお店でした。
あのレトロな建物の受けに、店内で使っている什器がマジ古い
ダイクラ(大倉)の家具ビルと呼ばれているそうで、
ショップはアンティークアクセサリーと古着屋さんのようでした。
おっしゃる通り、お洒落で時間さえあればゆっくり商品見たかったです。
「ファンキーヤングのマグ」コレクターでは人気なんですね。
勉強します。またぜひ遊びにいらしてくださいね。
[ 2015/12/02 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する