下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

熊谷 中山道 かけら探し④

旧中山道の「一番街商店街」から秩父鉄道の上熊谷方向に向かう、
ネット情報では、JRの線路の先に、戦前・戦後色町があったとされる地

その手前側で見えてきた風景
熊谷201511 (373)_R
料亭だろうか
熊谷201511 (367)_R
「湯河原」という看板、中を見てみたかったな
熊谷201511 (364)_R
「お酒 焼鳥 珍豚美人」と読めるが、、面白い
熊谷201511 (358)_R
甘味処も
熊谷201511 (350)_R
熊谷の歴史あるお店の文字は美しい
熊谷201511 (345)_R
看板建築、作られた当時から変わらない姿なのだろう
熊谷201511 (324)_R
そうか、「文化町」という街だったのか
熊谷201511 (342)_R
はっはっは、騎馬っているね、君は
熊谷201511 (301)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する