下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

熊谷 中山道 かけら探し②

旧中山道は、この立派なデパート「八木橋」さんのところで
熊谷201511 (510)_R
国道17号線と分かれ、なんとこの八木橋さんの建物の中を抜けていく

裏側の入口から見える通路が、「旧中山道」
熊谷201511 (500)_R

ここから先が、熊谷の旅の本番の始まりかもしれない
熊谷201511 (496)_R
「一番街商店街」ゆっくり曲がる姿は、まさに「街道をゆく」風情
熊谷201511 (494)_R

まずは、床屋さん「リハツ 中澤」
熊谷201511 (490)_R
脇に立つこの姿が、たまらない
熊谷201511 (474)_R
熊谷201511 (480)_R
店内は、時間が止まっているようにも感じたけど、現役だと思う
熊谷201511 (487)_R

静かにおっちゃんこして佇んでました
熊谷201511 (420)_R
この子も、そして営業中だと
熊谷201511 (412)_R
なぜ、私はここでラーメンを食べなかったか?少し後悔
熊谷201511 (411)_R
側面の看板を見ると、八百屋さんだったことがわかります
熊谷201511 (404)_R
渋いなあと、
熊谷201511 (397)_R
「チウインガム、食べたい」
熊谷201511 (394)_R

そして、路地にて、一つの出会いに巡り会う
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する