下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

熊谷 中山道 かけら探し①

埼玉県熊谷市。「くまがや」と呼ぶのが正解、
熊谷201511 (725)_R
中山道の宿場町として大いに発展した町の今を訪ねてみました。
観光案内の方に古い商店街や街並みがあるか尋ねると、
「商店街はほぼ無くなってしまいました」と、、本当だろうか

ラグビーが盛んな都市として最近は有名で2019年ラグビーワールドカップ
開催会場に決定している模様。「ラグビータウン熊谷」と自ら名乗ってます。
熊谷201511 (730)_R

中山道は?ここです、言われないと気付かない感じ
熊谷201511 (721)_R
建物は、
熊谷201511 (696)_R
美しい看板が多いのは、街の格式の高さを感じます
熊谷201511 (698)_R
かわいい文字もあり
熊谷201511 (686)_R
この建物も看板が美しい
熊谷201511 (644)_R
幹線道路の国道17号線と旧中山道が交わるあたりの風景
熊谷201511 (604)_R

熊谷は終戦の日、昭和20年8月15日、前日14日に空襲を受け、中心部の3/4が
焼けてしまって、戦後の建物が多いという

でも、この畳屋さんは戦前に見えますね
熊谷201511 (614)_R
熊谷201511 (618)_R

商店街は、、、ある、けど
熊谷201511 (526)_R
このさびれた姿を見ていると
熊谷201511 (535)_R
確かに役割を終えつつあるのかも知れない
熊谷201511 (534)_R

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する