下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

綾瀬 やさしさ巡り⑤

東京都足立区綾瀬を歩く、淡々と歩く幸せとは、、どんな風なのか

再び静かな商店街が目の前に現れる
綾瀬20151107 (129)_R
「綾瀬5丁目商店街振興会」
綾瀬20151107 (126)_R
下町なおでん屋さんに出会える幸せ
綾瀬20151107 (125)_R
このお店の中で頂きました
綾瀬20151107 (122)_R
丁寧な料理に出会える幸せ
綾瀬20151107 (115)_R
ご主人曰く、
「俺がこの街でお店を出したころは自分は20代の頃、あの先の建物もその隣も、みんな先輩で、こんな小さなおでん屋さんで、とても生き残っていけないよと言われたもんさ」
綾瀬20151107 (81)_R
「だけど、結局、その店がどれも後継ぎがいなかったりして、閉店しているだよ、
不思議なもんさ」
綾瀬20151107 (79)_R
「結局、上の階にマンションを作り始めたら、みんな(商売が)ダメになったな」
綾瀬20151107 (82)_R
「そりゃそうだろう、いくら毎日の日銭をお店で稼いでも、家賃収入の方が高いんだから」
ご主人はどこか哲学者のような表情で私に話しかけてくれた
ありがとうございます

そんな中、丁寧な姿で営業している銭湯「めぐみ湯」さんの健気な姿を見て
綾瀬20151107 (94)_R
kozoh55はうれしくなったのであります

関連記事
増田屋さん♪あぁ、、、、♪
立石の増田屋さんから独立したお店だそうです。
2番番頭さんだったって。
立石の増田屋さんに伺いました。
さつま揚げ屋さん、本当に減っちゃいました。
専門店の味、本当に美味しいですよね~
[ 2015/11/18 19:43 ] [ 編集 ]
Re: ちまちま子さんへ
ええ~っつ、そうなんですか~
立石のおでん屋さん?さつま揚げ屋さんの暖簾分けなんでしたか。
世の中は狭いというか、広いというか、不思議ですね。
いや~ネットで調べましたけど、ここは、私存じませんでした。
奥戸街道沿いにそんなお店があったとは、、、
2番弟子だったのですか~
私もまた行って見に行きますね。
楽しみがまた増えました~さつま揚げの店、入って食べたい。
小田原以来の味を楽しみにしますね。
根岸の鍵屋だとか、行ってみたいお店はまだまだ増え続けますね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/11/19 01:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する