下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

綾瀬 やさしさ巡り②

この街にもあの「東池袋大勝軒」の山岸さんの弟子のお店があると聞いて
訪ねてみました。

「綾瀬大勝軒」
綾瀬20151107 (325)_R
大盛りを頼んだら、ほんと大きなどんぶりで出してくださり
それがたくさんの弟子達の「大勝軒」にはないもので、新鮮でしたよ
綾瀬20151107 (335)_R
らしくないさっぱりとした味わいに
綾瀬20151107 (328)_R
私は却って新鮮な味わいを感じて、「出会えてよかった」と
綾瀬20151107 (331)_R
思いながら残したスープを眺めていました
綾瀬20151107 (326)_R
次から次へと地元のお客様が入ってくる繁盛ぶり
綾瀬20151107 (323)_R
だからこそ山岸さんの押印まで看板に残されているんでしょうね

駅前周辺のなんとない姿
綾瀬20151107 (317)_R
このお寺さんにあったのかなあ
綾瀬20151107 (298)_R
いにしえの巨木や
綾瀬20151107 (292)_R
家の姿の「庚申塚」
綾瀬20151107 (310)_R

駅からすぐなのに、
綾瀬20151107 (286)_R
こんなにも寂しげな公園を
綾瀬20151107 (287)_R
この街は、包み込んでくれてました
関連記事
こんばんは。
綾瀬にも大勝軒あるんですね~
大盛のボリューム感は、かなりのもの。
食べ応えあったでしょう。
ビジュアルをみる限りでは、正統派って感じがします。
久しぶりに大勝軒食べたくなるなりました。
[ 2015/11/16 22:37 ] [ 編集 ]
Re: ひろろろろさんへ
いつもありがとうございます。おくればせながら、沖縄紀行お疲れさまでした。
海ぶどうが売っていると思わず買ってしまい、
けれども海ぶどうが植物なのか動物なのかは、知らん子な
kozoh55です。
正統派という言葉がこれほどお似合いな大勝軒は他にないのではないかと。
大きな丼にゆったりと泳ぐ麺は中太麺だったと、メンマが柔らかい、
ああ、この店はメンマが自慢でもあるのだなと、
さっぱりとしたスープは気が付かないうちに丼が空っぽになり、
近くに住んでいたら、来週末にまた来てしまうんだろうなあと
山岸さんが1、2番に可愛がっていた弟子のお店なんだろうと
改めて感じた次第です。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/11/17 01:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する